霊山寺表紙

じょうざいざん れいざんじ

常在山 霊山寺

【浄土宗】

寺院墓地

法要施設 駐車場

浄土宗寺院の霊山寺は、常在山二尊院と号します。霊山寺は、徳川家康の依頼を受けた念蓮社専譽上人大超和尚が駿河台に慶長6年(1601)創建、明暦の大火で類焼し浅草へ移転、貞享3年(1686)光蓮社明譽遊安廓榮和尚の代に関東十八檀林の一つに列して中興、元禄2年(1689)に現在地へ移転したと言われています。

靈山寺は太平町一丁目百四番地の一號にあり、常在山と號し二尊院と稱しました。浄土宗で京都智恩院の末寺であって、關東十八檀林の一です。慶長六年大超和尚の開基する所で貞享三年廓瑩和尚之を中興しました。保存は阿彌陀如来です。舊子院に西棲院・良徳院・徳壽院・霊性院・龍興院等がありました。

江戸砂子に、「常在山靈山寺二尊教院 十八檀林 開山念蓮社専與上人大超和尚 本尊阿彌陀。慈覺大師の作。智恩院御門主尊空法親王御持佛也。尊空法親王は五本松に御座ありつるゆへ御影御廟堂境内にあり」と見へてゐる。當寺往古は湯島妻戀坂の上にあり明暦以後淺草に移つた。誓願寺境内安養寺の地は此舊跡である。元禄元辰の春此地に移り、五年に至つて堂塔落成した。檀林は第二世で中絶したのを傳燈第四世中興開山光蓮社明譽遊安廓瑩和尚が再興したのである。此上人は一宗の英傑行徳世にしる所にして。著す所の往生要集指麾抄は人口に膾炙する所である。毎年五月千部修行をなす。(「本所區史」より)

詳細情報

名称 常在山 霊山寺
所在地 東京都墨田区横川1-3-22
霊園区分 寺院墓地
宗旨・宗派 浄土宗
交通アクセス 東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」1番出口より徒歩11分

  • JR総武線、東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」北口出口より徒歩11分
  • 都営浅草線「本所吾妻橋駅」A2出口より徒歩13分
  • 蔵前橋通り(315号)石原三丁目交差点より車で3分
予算 【永代使用料】

0.42㎡:70万円
0.64㎡:100万円
0.81㎡:200万円

※その他の区画もあります。お問い合わせください。
 
【年間管理費】
10,000円〜

お見積例

インドMU

一般墓地

墓地区画 0.42㎡
外柵石種 設置済
墓石石種 インドMU
墓石総額 86.4万円(税込)
※彫刻代金含む、塔婆立て付き、基礎工事含む

想(こころ)では、40種の石のサンプル、55種類の墓石のデザインからご提案いたします。

  • 色々なお墓のデザインをご検討中の方
  • ご自分たちらしい形のお墓をお探しの方
  • お子さん達と相談されて納得する形で建てたい方

※想(こころ)の55種類のデザイン墓石『美しいお墓55選』について詳しくはこちら

是非、想(こころ)にご相談ください!

ご相談・お見積りはもちろん無料です!

フォームよりお問い合わせいただけます。

0120-048-556

10:00~21:00(年中無休)

無料送迎を行っております!

ご年配の方やお車をお持ちでない方でも、お気軽にご連絡ください。
安全・快適に移動できるよう、ご自宅から墓所まで弊社にて無料送迎を行っております。